FC2ブログ
楽園の冠
自創作品「アルトストーリア」を主軸とした創作小説・漫画を載せて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャラ紹介 【リオン】
追記からキャラ紹介しまーす
死亡済NPCにヴァーミリオンのおじいちゃん、リオンさんをいれるつもりでーす。




名前:リオン・レベッカ

死んだ年齢:31

性別:男

身長:194cm

死んだ日付:1609年 12月 14日

所属:アルヴァドール軍 情報処理班
レベッカ財閥 社長

異能:【絶対聖域】
処刑器具を空間から具現化し、相手の罪を滅ぼす異能。
神聖な者にしか操れないというクリスチャンな異能。
処刑器具を使って罪を滅ぼすだけでなく、戦うこともできる。 主な器具はギロチン、電気(巨大スタンガン)、十字杭、精神剤、縄。

説明:レベッカ財閥という大企業に生まれた男。 妻を持ち、子供を2人授かり、部下にも恵まれ幸せな生活だったが暗殺される。

人望もよく、頼れる男だったらしい。
社長ということでフィーダムデリア全土から顔がしれていた。
実は人間とホムンクルスのハーフ。 レベッカ財閥の人体実験によりホムンクルスの力を得た。 と、同時に「死んでも魂だけが彷徨う」魔術を極秘に施されているいわゆる実験台だった。

顔立ちから、責任感が強い男に見えるが実は独りを嫌う寂しがりやな人間だった。
父とのいざこざで色々あったようだ。

永久機関や神々を危険視していたらしく、財閥に他の国への撤退を提案していた。

台詞:「さて、そろそろ仕事の時間だな」
「レダ事件・・・・・・永久機関・・・・・・この国から一刻も早くでなければ」
「ありがとう、殺してくれて」



詳細を少し。
リオンさんがホムンクルスになったのはわけがあります。
レベッカ財閥の社長は全員二重人格でした。 しかし、リオンさんは二重人格ではありませんでした。
そして昔の話ですが4代目の社長も(リオンさんは12代目)二重人格ではありませんでした。 その4代目の時代は財閥の資金が低迷、地獄の底を這いずり回った年だった。
なのでリオンさんが6歳のとき、人体実験を受け、ホムンクルスとしてのリオン・レベッカの人格と人間としてのリオン・レベッカの人格を合わせ持ち二重人格へとされました。

軍の階級はまだ決まってませんが、今のところ中佐くらいにしようかと。
部下を絶賛募集中です。

殺されたのは暗殺ですが、どうやら黒い都市伝説が絡んでいるようです。
死体の状況は極めて酷く、見れたものではなかったらしいです。 なので葬式のときもご遺体は棺桶の中に入れてはいるものの、一般人には公開していませんでした。 軍関係者には希望の方のみ公開していたようです。 それほど酷いものでした。
実はこのリオンさんの死には理由が絡んでいます。
レダ事件、そして神々、パンドラ計画。
頭のいいリオンさんはすぐに国の危険を察知し、レベッカ財閥をフィーダムデリア内から撤退させようと考えます。
しかし父に相談すると
「確かに危険だとは思うが、安易に撤退をすることはできない」
と言われてしまいます。
なぜだ と聞くと
「フィーダムデリアを出るときには正式な理由が必要、それを国の不安というだけで理由にするのは難しい。 誰か財閥の者が暗殺されれば考える」
と言われます。
自己犠牲の塊だったリオンさんの頭はこう思いつきました。
『だったら自分が暗殺されれば(死ねば)いい』

リオンさんは寂しがりやでした。
社長という期待、軍の階級。 そういう世間の声に押しつぶされていたようです。 そして父とはうまく行っておらず、そういう面でも「自分はなにもできない弱い人間だ」「成果を出さないと人間として失格」など考えすぎていたようです。 夜な夜な涙を流しているときもありました。

そしてリオンさんは今、アンティークショップ「シオン」の店長ヴァーミリオンの別人格になっています。
ヴァーミリオンはリオンさんの孫です。(その辺は時間軸がズレているので後日Twitterなどで説明します)
リオンさんに会いたい、喋ってみたい! そういう方はぜひヴァーミリオンと会い「時を越え、語り告げ」と一言言ってください。 リオンさん人格に変わります。


これくらいでしょうか?
まだわからないところがあれば、是非聞いてくださいね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 楽園の冠 all rights reserved.
Powered by FC2 blog. Template by F.Koshiba.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。